育てやシロー

こだわりのないブログです。メダカ、クワガタ、息子たちの雑記です。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弓道

次男が中学に通うようになって約3週間。
この辺の中学生は全員が何らしかの部活動に入部しなくてはならないのです。運動部、文化部どちらを選んでもいいみたいです。

次男は文化系には不向き。運動部を希望するのは決まっている。
普通なら小学校からの流れでバスケ部で決まりなのだが、ミニバス時代の不遇(?)もあり弓道部に興味を持ってるのです。
どこの中学校でもやってると思うが希望を出す前に部活動見学なるものが放課後にあったらしい。次男は仲の良い友達と弓道部を見学に行った。

片腕を脱いで着崩した格好で勇ましく弓を引いてる姿がカッコイイだろうなぁ~と思っていたらしが大間違い。
みなジャージ姿で腕立て伏せを地味にやってるし…
弓と矢を手にしたと思ったら、ヘンテコなスリ足で歩き、不恰好に膝を付いておじぎをするし…
やっと矢を射ったかと思えば的まで届かず地面にポトリ…
不謹慎にも次男は笑いを堪えることで精一杯だったらしい。それ以上に耐えられないのが、あの静けさ


その日の晩ご飯の時に次男があっさりと言う「弓道はない!やっぱバスケでいいや!」
明後日の部活動結成式にはバスケ部に並ぶことに決まりました。
時を同じくして、次男が少しバカにしていたあの弓道部に高校生の長男が入部してきたことを発表!「あっ、そういえばオレ、弓道部に入ったから。今週の土曜日は試合の応援に行くよ。」とのことで本日、遠征してきました。
こっちは部活動の義務は無いが入部しちゃったらしい。小中で7年間バスケやったのにね~。


この季節、大袈裟かもしれんが人生の岐路に立ち難しい選択を迫られてる人って子供でも大人でも多いと思う。
迷わず行けよ、行けば分かるさ、…どこかで聞いたセリフ(笑)


実を言うと、私にも難しい選択が…
3月末にセットした睡蓮鉢が早くもグリーンウォーターに。タニシを入れるべきか入れないべきか…… (小さい?)



スポンサーサイト

口車

もう4月に入って3週が過ぎ、 も散り、葉桜になりました。
新生活をスタートさせた人も少しは慣れてきたかな。


我が家にも新生活(?)が始まった人が2人。長男(高1)と次男(中1)。
次男は新生活ってほどのモンじゃないかなぁ~クラスの3分の2以上が同じ小学校の子だし。ほぼ小学校の延長で、小学7年生って感じかもしれん。
それに比べて高校生になった長男はそうはいかん。クラスに同じ中学出身は片手以下。まっ、当たり前なことなんで徐々に友達を増やしていったらいいのではないでしょうか。
で、友達になると聞かれるのが。←スマホ持ってて良かった。


そうなのです、高校入学前の3月に長男の口車にうまいこと乗せられて買い与えてしまったのです。
口車の中身は…
もし僕が天才すぎたり、またはパーすぎたりしたら遠くの高校に通わなくてはいけなかったんだよ。そうしたらバス代、電車代がすごいよ。
その点、僕が行く高校はチャリで10分程度。スゲー経済的だよね。スマホ…欲しいなぁ。

半分、親を脅しているようにも聞こえるが…

仕方ない、買ってやるぜ!

と、お店で長男のスマホを物色していたら何だか自分も欲しくなってきてしまった。
ここでも店員の口車に乗せられて、自分と嫁さんの2人は乗り換え。
親子3人、同じスマホを持ち帰ってきたのでした。


高校生がスマホデビューすると、肌身離さず持ち歩きスマホ依存症っぽくなることもある。って聞いたりするけど、今のところは、その症状は無し!
そもそも学校にスマホを持って行かない時がある。持って来てはいけません!と学校が禁止してる訳でもない。
理由がカワイイ→何となく罪悪感があるんだよねぇ~、とのこと。
夜に飛び交うグループトークも既読無視、または完全無視。本当に仲の良い友達だけ返事する。
電話なんて掛かってきたのを見たこと無し。
もっぱらディズニーツムツム。あとはパズドラ。モンスト。
ゲームオタク?


こんなんでも定期券代を払うよりはマシか……。

お礼

先々週あたりからずーっと忙しかったなぁ。


長男(中3)の受験に始まり卒業式、志望校に合格() したと思ったら高校の制服購入とか…。もう、とっくに引退して関係が無くなったはずのバスケ部の大会にOBとして応援に行ったりとか…。
ちなみに、長男の志望校は募集定員に対して受験者数がピッタリ!倍率が1.00倍という超ラッキー校なのでした。私に似て、だけは抜群じゃ!オホホ… (^ ^)V

次男(小6)も卒業式に、4年間お世話になったバスケ部の送る会に、地元の自治会主催の送る会と予定がびっしりじゃった。
トドメに昨日は友達とディズニーシーに卒業旅行らしきものに行って来たし…。


こんな忙しいのも、もう終わり。今日は家族4人でゆっくりとした休日。
お昼に嫁さんのお母さんにシーのお土産を届けに行ったぐらいかなぁ。そこで言われたのが、「神社で祈願した事が叶ったら報告とお礼をしに行かないとダメだよ」って。
ほー、なるほどね。初詣に確かに志望校合格とお願いした。
神様に対して義を欠くのは良くない!今後、願い事を叶えてもらえなくなったら大変なことになる。
こういう事はスグに行動に移したほうが良いに決まってる。
(神社への祈願やお礼は、近くに行ったから○○のついでに…などというのは、良くないと言われてます。やはり、祈願の為に神社へ赴く。お礼の為に赴く、といった心構えが神様にとっては大切らしいです)

20150322001.jpg

この神社、もう20年くらいお世話になってます。

人影がまばらな時(ウチらの他は4人しか見当たらん)でも神様は来てくれてるだろうか?いや常に見守ってくれてるに違いない!
本来なら、ご祝儀袋に玉串料と書いて祈願の結果に見合った金額を収めたいところでしたが、最近の忙しさで家計はトホホ状態。神様もきっと分かってくれると思います。
みんなでお賽銭箱の前に並んで、チャリンチャリン! 二拝二拍手一拝をして報告とお礼を心の中でしました。


よし、これで来週は心置きなくメダカのいる鉢のお掃除や睡蓮の植え替えが出来るかな。

fever

ウチの長男は中3。受験生です。

試験日まで、あと20日に迫った先々週に事件は起きたのです。

14日15日(くろねこさんからのツッコミで間違いに気付いたシローでした)の日曜日の昼間に茶の間でコソコソと体温計を脇の下に挟む長男を発見。
「熱あんの?」と優しい父の問いかけに必死に首を振りながら「べっ、別にぃ。あるわけないじゃん。ちょ、ちょっと勉強してくるね」と、そそくさと2階の自室へ。
分かりやすい。あきらかに、おかしい。昼間っから勉強することが異変なのです。

いちおう受験生っていうこともあるので、夕方になってからもう一度体温を測るように言ったら素直に「ウン」。
こりゃかなり自覚症状があるとみた。それにしても、ミョーに素直だなぁ。
しかし、体温計が指したのは36℃。しかし、顔色がおかしい…

夕飯前に、もう一回体温を測らせたら途中で聞き慣れない音がした。なんじゃ?と思って体温計を奪い取ったら“error”表示。
errorが出る程の高熱?かと思い、おでこを触ったら高熱って言う程ではないが、少し熱がある。
errorの出し方について問い詰めると「軽く脇に挟むと…。」
ってことは夕方に測った36℃もその裏ワザだったのか?問い詰めるまでもなく、スグに白旗をあげました。
裏ワザを使ったのには理由があった。
インフル検査で長ーいめん棒みたいのを鼻にズコズコされるのが嫌なんだって。それには納得、私も嫌。エライ先生方、なんとかならないかねぇ?
キチンと測ったら37.5℃。ん~ビミョーとしか言いようがない。
「ん~この時間じゃ病院やってねーじゃんよ!明日の月曜日にソッコー病院じゃ!」と言い放って、マスクをするシローであった。
それを見た、嫁さんと次男もササッとマスクで自己防衛。

月曜日も37.5℃ぐらい。病院でのインフル検査は陰性でセーフ。おまけに、風邪の症状が一切みられない。
ってことなので薬の処方も無い、とのこと?? へぇーそんなこともあるんだ。

火曜日は38℃。違う病院に行きインフル検査をしたが、やはり陰性。同じ様に風邪の症状がみられない。
ウィルスではなく細菌かもしれない、ということで抗生物質と頓服を処方してもらった。
しかし、その日の夜には39℃を超えるようになってしまった。

その後も熱は下がらず、木曜日と金曜日にも病院へと。
しかし先生も原因がよく分からない?らしく、大きい病院へ紹介状を書いてくれたのです。

金曜日の午後に血液検査やレントゲンを撮ったりしていたが、美人女医が「受験も近いということで入院した方が早く回復するでしょう。」の一言で入院が決定。スグに点滴開始。
20150228001.jpg
おかげさまで、23日に退院。

病名は、女医から「肺炎っぽい症状が少しみられたかなぁ…」という、曖昧な感じで謎が残る。
名誉のためかハッキリとは言わなかったけど、俗にいう“知恵熱”じゃなかろう(笑)
しかし、熱も下がったし25日からは学校にも行った。今日も元気にDVD鑑賞やピコピコとゲームをしていたので安心(?)と言ってよかろう。


試験まであと5日。
受験生よ、体調には気を付けながら頑張ってくれ。



引退

昨日から始まったミニバス全国大会の県予選会。
次男所属のチームは土曜日の試合には快勝!
その勢いで…と思ったが相手が悪すぎました。な、なんと秋の県大会で優勝したチーム。
結果は、ほぼダブルスコアで完敗 (>_<。)
次男を含む6年生9人の引退が決まりました んー、5年生以下のみんな、あとは頼んだぞ!!



ふと思う。なんで次男はバスケを始めたんだろう?
長男が先に入部していたのでそのついでに、いつのまにやら…というのが実際のところかなぁ。
けど、それだけじゃないと思う。試しに投げたシュートがマグレで決まる。それを見ていた周りの親、コーチ、上級生からの「ナイッシュー」の嵐。
そりゃたまらん快感だったろーし、絶対に楽しかったんだろーな。

あれから、もうすぐ4年が経つ。最近はそれほど楽しいと思ってなかったようですが…そのまま今日になってしまったのです。
子供たちが速攻をしようもんならベンチから「待て!」の声が響き、止めてしまう。あ~速攻からのレイアップはバスケの華なのになぁ~。
遠目からのシュートもNG。あ~綺麗な弧を描いてリングに吸い込まれる「スパッ」っという音は鳥肌もんなんだけどなぁ~。

ミニバスってチームの勝利よりも、のびのびと楽しくプレーして中学校に行ってもやるぞ!って気にさせるのが本来の姿だと思うのだけどなぁ。

今のところ、「中学校でもバスケ部に入る」という子は9人中3人です。少なすぎるぞ!
けど、楽しくないバスケをやってきた子供たちからすれば妥当な数字かもしれません。

次男も今のところ、続けないと言ってる…


まっ、今言えるのは、兎にも角にもお疲れ様でした、キャプテンよ。

 | ホーム |  »

ポチッとな

プロフィール

シロー

Author:シロー
はじめまして。
子供みたいな趣味に少しハマった
4?歳のサラリーマンです。
栃木県北の田舎に住んでます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内の検索

心の休憩室

ダメよ~ダメダメ!
powered by ブログパーツの森
やってみそ!
おざぶとん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。